不妊治療を通して看護師としての自分と素人の自分との葛藤

不妊治療を通して思ったこと。治療していく中でたくさんの問題点の浮上。子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺機能低下症。

退院しました

今月初めに、息子が退院しました!

術後1ヶ月はICU管理かもって言われていたのですが、2週間で小児病棟に戻り、驚異的な回復力でした( ゚д゚)

心臓は今のところは塞いだとこから少し漏れがあるもののそれ以外は問題なくいっています。

消化機能については、術後は胃で消化しないため、EDチューブといって腸までチューブを入れてミルクを注入していました。術後3週で徐々に良くなり、ミルク量は体重を増やすまでの量ではないのですが、上手く消化してくれています。

術後の変化として大きいのは、呼吸器が不要となり酸素吸入になったことです。また、腸の血流が良くなったのでしょうか?術前は1日10〜15回も水様便や不消化のような便が出ていたのに、術後は1日3〜4回に減りまとめて出せるようになりました。便の性状も良く、普通になっただけなのに、劇的すぎて先生や看護師に便を見てもらってはすごくないですか⁉︎ってずっと言ってました(笑)

この2点の変化はとても大きいです。

呼吸は楽になっており、全身の浮腫みも落ち、体が楽そうです。体重でいうと、術前の内科的治療だけで500g減量になっており、入院時と退院時の体重差は700gを超えています。

また、酸素吸入になったことで移動がしやすく、外出がしやすくなったということ。便の回数が減ったことでお尻かぶれも減り、オムツの消費量も減り経済的に助かります。

まだ、肺の発達は未熟なので呼吸器疾患にかかるのが怖いですが、幸先の良い結果に家族皆で喜んでいます。

あ!私はというと、梨状筋症候群による坐骨神経痛だそうです。脊椎からの症状じゃなくてとりあえずは良かったです。

今シーズンはよく雪が降ります。寒さも厳しいです。

うちは雪が積もってばっかです( ̄∀ ̄)

皆様、ご自愛くださいね。