不妊治療を通して看護師としての自分と素人の自分との葛藤

不妊治療を通して思ったこと。治療していく中でたくさんの問題点の浮上。子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺機能低下症。

切迫早産→即入院

やっぱり、2週間持ちませんでしたf^_^;)

前回の診察後、11日、16日とおりものにひとすじの鮮血があったのですが、様子をみていました。

昨日の18日、昼ごはんを食べて買い物に行こうと外出の準備をしてたのでした。

トイレに行くと、おりものに鮮血が混じってました。

う〜〜ん、少し増えてる…だんだんお腹と腰に違和感を感じてきた…

病院に電話する、しない…

ダンナが休みだから連れて行ってもらう方がいいよね…

よし、電話しよう!

ってな感じで、早速電話で状態説明。

すぐに来て下さいと言われて、病院へ入院セットを持って行きました。

ちょうどお昼でご飯は食べてなく、ウテメリンも服用できていませんでした。だからお腹が痛いと思っていたのです。

そのため、服用していいかを尋ねたんですが、診察が早まりすぐに診てもらうことになりました。

胎児さんは元気で、プルプルしてました。推定体重は830g。また、点線上に戻ってしまいましたf^_^;)

で、先生にお腹がギシギシした感じがあると伝え、内診してもらうと、なんと3㎝以上あった子宮頸管長が2㎝以下になっており、即入院決定( ̄◇ ̄;)

まぁ、半分は入院かねってダンナと話していたので、入院にはビックリしなかったのですが、問題はそこ⁉︎って感じでした。

病棟にあがり、直ぐにモニター装着。ウテメリンの点滴も直ぐに開始されました。

40分のモニター中、2回ぐらいお腹が張った感じがしたのですが、そんなに少なくなくて、頻回に張っていたのでした。

またまたビックリ( ̄◇ ̄;)

どうも、子宮が限界になってきているようです。

ということで、24時間ウテメリン点滴、病棟内安静で入院生活に突入です。

できるだけ、胎内にとどめるように頑張るしかないです。

にしても、胎児さんは呑気に私の膀胱をゲシゲシと蹴っていますf^_^;)

逆子のまま、戻れなくなっているみたいです。