読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療を通して看護師としての自分と素人の自分との葛藤

不妊治療を通して思ったこと。治療していく中でたくさんの問題点の浮上。子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺機能低下症。

助成金の申請

助成金は色々と区分が分かれています。

私の場合は、採卵から凍結保存、移植、妊娠判定までの区分で、その間の金額の合計は68万円ぐらいでした。で、15万円の助成金が申請できます。凍結胚融解移植分のお金が助成金で戻ってくるという感じです。

次に申請する場合は、まだ受精卵が2つ凍結保存中なので凍結胚融解移植になるため、半分の75000円となると思います。

毎回、15万円の助成金が申請できるわけではないので、最高で90万円(15万円×6回)なんて貰うことはほぼないのではないかと思います。

たぶん、統計で体外受精や顕微受精6回までに妊娠した方が多いから、6回までしか助成金が出ないのでは?

色々考えると、女性に優しくないですよね…>_<…

今までは、税金収入が少ないから女性に働いてもらわないとみたいな感じだったと思います。

しかし、今度は高齢者を支えるために子どもが少ないと将来的に困るみたいな感じで子どもを産め、産め言われるようになってきました。

なんか、おかしくないですか⁉︎

てか、すべてが将来見据えているようで見据えてないです。

働かせたいなら保育園作って。

子どもを産ませたいのなら、企業にもっと働きかけてよ。

大企業だけでしょ?

パワハラ受けてますけど…

なんだか、納得いかないこと多いです。

世の中、不公平だらけなのはわかってます。

なら、体外受精も自費にしないで医療保険扱いにしてよ。と思います。

私なんかよりも大変な思いや苦労した方はたくさんおられると思います。

私は、とても悔しいのです。

今までは、自分が頑張れば、努力すれば時間がかかっても手にいれることができました。

しかし、子どもだけは授かりものです。

途中から何を頑張ればいいのか、いや、努力するものではないから少しのんびり暮らしてみればいいのか、いやいや、でもお金がかかるし……と、自分は何をしたらいいのだろうかとわからなくなってきました。

流産してからの1週間は特にこんな気持ちが渦巻いていました。

で、話は助成金の申請についてに戻します。

妊娠判定後から2ヶ月以内に申請を出さなければいけなかったので、証明書を発行してもらったのち、早めに申請しました。

そこで、またショックな出来事がありました。

その申請窓口は、母子手帳や児童手当の申請も同じ窓口だったみたいなんです。

しかも、母子手帳もらいに来られてた妊婦さんがいて、なんか惨めでした。

妊娠できて申請に行く方ばかりではありません。たぶん、そうでない方の方が多い気がします。

もう少し配慮して頂きたいです。

体外受精へステップアップしてから、ショックなことが多いです。

時々、私そのものを否定されている感じがすることもあります。