不妊治療を通して看護師としての自分と素人の自分との葛藤

不妊治療を通して思ったこと。治療していく中でたくさんの問題点の浮上。子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺機能低下症。

看護師不足、パワーハラスメント

仕事を辞めると決めてからの話を書きたいと思います。

流産後1週間の休みをあけてから、師長へ自分の思いを伝えました。

師長は、夜勤の回数をさらに減らしたり、勤務調整はなんとかするからと言ってくれました。

で、問題は部長でして…

とりあえず、辞めるには部長を通さないといけないから、師長が話をしておいでと言われたので行きました。

が、私の話は全く聞いてくれず、自分の考えばかり話をされ、結果は前と一緒で辞めても一緒とあしらわれました。

どんな言葉を言われたのかは、酷すぎるので書きませんが、完全にパワハラです

(−_−;)

ひとつ書けるとすれば、師長、主任以外に不妊治療のことを言うなと言われました。

私は同じ病棟スタッフに全て話しています。

この職業で抱えるなどの力仕事は当たり前です。

しかも、私の場合は子宮奇形でさらに流産しやすいのですから、理解して頂かないと難しいと思ったからです。

ただ、そんなこと知らないよって人もいるとは思いますが、何人かの人に相談しダンナとも相談して話すことにしたのでした。

それを完全否定されました。

わかってはいましたが、無理だと判断。部長に話すことのがストレスなのです。

以前、パートも却下され、言われた言葉は、

そんなのいつでもできるんだから。

は?じゃあ、今してよって言いたかったです。

どこもそうだと思いますが、看護師の離職が多く、不足しています。

でも、それは病院の都合であって、私の人生を保証してくれるわけではないのです。

私は、不妊治療はあと2年とダンナと話し合い、決めています。

だからこそ、仕事を辞めて専念しようと決めたんです。

私は部長に言いました。

治療後は、この病院に戻りたいと思っています。と。

しかし、そんなんしても一緒と言われ、話になりませんでした。

ダンナは、呆れてました。話の論点がずれている、いくら訴えても話にならんやろうね。と。

部長に言われたことを師長に話しました。

確かに師長にも、家にいてもそればっかり考えてしまってストレスになるかもよとは言われました。

なので、辞めれないのなら、勤務調整と有休、欠勤になってもいいので、よろしくお願いします。皆さんに迷惑かけますが、すみません。と、師長に頭を下げたのでした。

本当に仕事との両立は大変です。

たぶん、パートにしてくれないのは、夜勤の問題があるのだと思います。

辞めさないのは、頭数が足りないからです。

そっちがそうなら、開き直る以外に私には道がありません。

流産してしまったのだから、次に妊娠したら絶対に皆さんは心配すると思います。

なら、休んでいる方が要らぬ心配をかけないので、思い切って休んだ方がいいと思うようにしました。

では、次は次の移植に向けての準備について書きます。