不妊治療を通して看護師としての自分と素人の自分との葛藤

不妊治療を通して思ったこと。治療していく中でたくさんの問題点の浮上。子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺機能低下症。

卵管造影検査…帯状疱疹になり延期

卵管造影検査とネットで検索すると、痛いとのコメントがたくさん出てきます。 はい、確かに痛いです(−_−;) しかし、耐えれない程ではない。ってのが私の感想です。 卵管造影検査は、生理が終了し排卵までの限られた期間で2日かけて行うため、連休を希望…

無排卵、高プロラクチン血症、黄体機能不全

基礎体温では、2層に分かれず無排卵だということ。採血結果では、プロラクチンの数値がギリギリ正常だけどこの数値ならカバサールを服用した方がいいとのことでした。 生理がきたら、クロミッドを1日1錠から開始したのですが、1錠では微妙で次の周期からは1…

産婦人科嫌いだった私

もともと、生理不順で無排卵であると20代の頃に言われたことがありました。 で、妊活を始めるにあたり、排卵誘発剤は飲まないといけないだろうと思っていたので、職場から近い産婦人科に通院することにしました。 しかし、産婦人科が実は苦手でして… 20代の…

葛藤

今回、不妊治療を通して色々な思いと葛藤してきました。 看護師と言えど、勤め先の科によって専門外の分野は多くあります。産婦人科はやはり勤めていなければ教科書レベルしかわからない分野です。 看護師ということで変に納得して相談しにくいことがありま…