読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療を通して看護師としての自分と素人の自分との葛藤

不妊治療を通して思ったこと。治療していく中でたくさんの問題点の浮上。子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺機能低下症。

先天性の疾患、奇形について その②

先天性食道閉鎖については問題なく吻合できたため、術後の経過は良好でした。

次に胎児の時から指摘されていた十二指腸は閉鎖はしておらず、狭いが通過しているとのことで、すぐに手術は必要ないだろうと説明を受けていました。そのため、胃まで入れていたチューブ(マーゲンチューブ)から母乳の注入が術後4、5日目ぐらいから開始されました。冷凍していた初乳を注入してもらえ、とても嬉しかったです。

この時期の私は、乳は張るのに搾ると痛くてなかなか上手く搾乳できず辛かったです。助産師さんにマッサージをしてもらい、乳腺開通してもらってからは少しずつ母乳量が増えていきました。初乳の注入開始を聞いてからは、頑張らねばと奮起していました!

と、良い感じだったのですが、1回5cc以上の注入をすると消化ができず十二指腸を通過できないため、生後3週目に先天性十二指腸狭窄にて2回目の手術をしました。

手術は狭窄している前後を切って吻合し、術後の経過は良好でした。

その時に言われたのが、輪状膵です。文章で上手く説明できないため、気になる方はネット検索してみて下さい。奇形ですが、生きていく上での問題はないと言われました。

私達夫婦は、生きていく上で問題なければいい、手術して治るなら大丈夫、助けてもらえるんだと思っています。

冷たいように感じる方もいるかもしれませんが、かわいそうだ、健康に産んであげれなくてごめんねとばかり思いつめてしまって精神的や体調を崩してしまう方が良くないと思うからです。

ストレスは母乳の敵です!私が息子にしてあげれることは、良い母乳を搾乳して届けることです。母乳は栄養の宝庫、消化もいいからですね(о´∀`о)

この頃はまだ人工呼吸器、保育器内でしたので、抱っこもできません。頑張れと頭を撫でたり、手を握ったりぐらいです。

私達夫婦は、息子にとって何が1番良いのかを考えた結果です。しかし、ごめんねという気持ちは心の奥底にはあります。なので、大丈夫、助けてもらえるは自己暗示なのです。

その後の母乳の注入はというと、十二指腸まで入れていたチューブとマーゲンチューブからエレンタールというアミノ酸まで分解されているミルクを注入したりと消化の状態をみて行われました。しかし、感染症などで途中、母乳が中止になったりしてなかなか前に進まずという感じでした。

では、次は今も問題である先天性の疾患について書きたいと思います。

先天性の疾患、奇形について その①

子供は現在もNICUに入院中です。

出生後の検査にて、先天性食道閉鎖が見つかりました。母乳が通らないため生命の危機と言われ、出生して5時間後に手術となりました。しかし、食道が途切れていた位置が良く、1回の手術で食道は繋がりました。

途切れている位置や状態によっては、長さが足りず食道の途切れている上下を繋げることができないため少しずつ伸ばしていき、繋げれる長さになってから上下を吻合(縫合してる所)すると言われていました。そうなると、手術は2、3回にわけて行うようになり、ストーマを作り食道が繋がるまで腸に直接栄養を注入しなければなりません。

長さが足りずに無理に吻合すると吻合部が裂けミルクが漏れたりするからです。

私自身はというと、手術の説明時、強烈な痛みとの戦いでした。

帝王切開で出血量が多く、子宮収縮剤入りの点滴がほぼ全開で滴下されていました。子宮収縮をしていたのでしょう、お腹をナイフでえぐられるような痛みでした。

大概の痛みは我慢できますが、さすがの私も顔が歪んていたみたいです。

静脈内に痛み止めをワンショットできるようになっていたのですが、あんまり効きませんでした(*_*)

ボルタレン座薬を入れてもらいたかったのですが、出血量が多かったから夕方までダメと言われ、耐えるしかなかったのでした。血圧も低かったのだと思います。

こんな状態で子供の手術説明を聞かないといけず、すがる思いの痛み止めもワンショットする器具に手が届かず(1ミリでも動くと激痛が走るため)…ダンナに目で訴えるも先生の説明を聞いている途中だったため、助けてもらえず…

出産って大変!スパルタだ!と思いました( ゚д゚)

子供の疾患を聞いた時はビックリしましたが、手術すれば大丈夫!1回で繋がれ!頑張れ!と願うのみでした。ダンナは朝早くから1日中、大変だったと思います。承諾書のサイン、NICU入院の手続きなど私の病室とNICUを行ったり来たりしてました。

出産日はホントにバタバタした1日となったのでした。

切迫早産にて入院からの胎児の成長について

出産後から入院中の子どもの面会のため、バタバタした日を送っています。その間、色々なことがありました。現在も入院中です。

気付けば、3ヶ月も経ってました(*_*)

では、8月に切迫早産で入院してからの胎児さんの成長についてまとめようと思います。

①成長について

27週2日 830g よく動いている。

28週1日 978g 逆子。

29週2日 1154g 3D?4D?エコーで初めて顔が見えた!見たままの顔で産まれてくるらしい。

→確かにそうだった。

30週3日 1298g 私の股の所を蹴っている。

32週3日 1550g 子宮の入り口に足がはまってる⁉︎

33週3日 1788g 私の股を足でぎゅーん、ボコっとしている。

34週2日 2065g ずっと逆子のまま。重複子宮のためもともと狭い空間であり、横の広がりが少なく回転できなくなっていた。

35週3日 2157g 大きくなり計測がしずらく、推定体重はあまりアテにならないと言われた。

36週3日 3D?4D?で髪がはえているのが見えた。

36週5日 帝王切開で2500gで出生。

と、小さいながらも毎週、右肩上がりで体重は増えていました。ずっと逆子で、私の股をゲシゲシ、ぎゅーんと蹴っており、内診時に先生の指も足で蹴ってました。モニターで押さえつけられるのも嫌だったのか、モニター中の胎動はすごかったです。とにかく、元気いっぱいでした。

成長しだんだん空間が狭くなってきたのでしょう、私のみぞおちの辺りに胎児さんの頭があり、グリグリ、ぐるんぐるん…ローリングしている感じもあり、肋骨が痛いし、胃への圧迫がきつかったです。

子宮経管長なんてほとんどないに等しい状態で、足での容赦ない蹴り。強靭な卵膜のおかげで破水はせずにすみました。あんなに蹴っていましたが、胎ほう脱出もなかったです。しかし、蹴られた際に股に何かが挟まった感じがしていたので、一瞬出ていた可能性はあるのかも?とは先生に言われていました。

とにかく、出てきてもらっては困るため、膣を締めて耐えました。

②先天性のもの

まずは、循環器系。胎児には静脈管といってへその緒から肝臓の門脈を介して心臓の右心房につながる管があります。その静脈管が肝臓を介しておらず腹壁に沿って走行しており、ダイレクトに右心房に繋がっているようだと言われました。そのためなのかは定かではないのですが、右心房は正常より肥大していました。

静脈管は胎児循環特有のもののため、産まれてから閉じてしまえば問題はありません。しかし、正常より若干太くなっているとのことで、もしかしたら閉じないかもしれないと言われました。

毎週のエコーでは、心臓の肥大が少しあるとのことでしたが、胎児さんに腹水や胸水はみられないため、緊急性はないと様子観察でした。

次に、十二指腸に問題があると31週目に言われました。前から少し気にはなっていたとのことでしたが、大きくなってこなければはっきりしてこないとのことでした。エコーを見ていると胃の横に大きめの黒い空洞がありました。空洞のところは黒く見えます。これを、ダブルバブルサインというそうです。このサインがある場合、十二指腸閉鎖または狭窄の可能性があります。その他には、羊水が増えてくるようです。十二指腸が閉鎖されていると、飲んだ羊水が通過できずに胎児さんは吐いてしまうためだそうです。

私の場合はもともと少なかったから、正常になってるというぐらいでした。なので、閉鎖ではなく狭窄かな?って思っていました。十二指腸閉鎖または狭窄があると出生後にミルクを通過させることができないため、命に関わるので出生して次の日に手術をすることが多いと言われました。そのため、手術ができるように日にちの確保を優先して、帝王切開の日が決まりました。小児循循環器科、小児外科、新生児科の先生たちと連携をとってもらい、36週5日での出産で早期産となったのでした。

と、出産前に言われてた先天性のものは主にこの2つでした。

小さな泣き声を出して産まれて、10秒ほどの対面で初対面は終了( ゚д゚)

大嫌いな腰椎麻酔を耐えたのに、ちょっと悲しかったです。゚(゚´ω`゚)゚。

出生後、色々検査をしたようです。

そこで、十二指腸閉鎖または狭窄よりも大変な先天性の疾患が見つかったのでした。

簡単にまとめてみました。

次は、出生後の様子を書けたらと思います(*_*)

寝たきりの入院生活

タイトルどおり、出産までほぼ寝たきりでした(>_<)

初めは病棟内は行動自由で、お茶汲み、下膳、デイルームで過ごす、シャワーは週3回とまずまずな感じでした。

しかし、毎週の診察で子宮頸管長がどんどん短縮され、入院1ヶ月経つか経たないからぐらいで、子宮頸管長は2、3㎜、子宮口も2、3㎝開いていたのです。

しかも、逆子で臍帯も下に下がっていたので、すぐに安静度が部屋のみになってしまい、極力動かないように、安静にと念を押される始末。゚(゚´ω`゚)゚。

31週の頃でした。

お腹の張りも強く感じるようになってたので、点滴もルテオニンに加え、マグセントも始まりました。

36週6日で出産したので、5週間ほど自由がききませんでした。

各部屋にトイレ、洗面がついていたので、私の歩ける行動範囲は2、3m。部屋から出る時は車イス。

シャワー浴も初めは1人で問題なかったのですが、元々寝てる生活だったことによる筋力低下、マグセントの副作用もあり、シャワー浴で意識消失しかけてスタッフ見守り介助が必要になったりして情けなかったです。

そのため、何か変だと思ったらすぐにナースコールしてねってずっと言われてました。

破水したら、即アウト。逆子で破水すると、臍帯が先に出てきてしまうことで子宮の入り口が臍帯を締め付けてしまい、赤ちゃんが酸欠状態になるからです。

そのため、排尿時はいつも出ている尿を意識的に止めて、破水していないかを確認していました。

破水していたら、自分の意識では止められないからです。

寝たきりで過ごすことはそこまで苦ではなかったのですが、マグセントの副作用で舌が痛くピリピリして、舌全体が白くなり口内炎のようになり唯一の楽しみだった食事が苦痛だったことが辛かったです。

だいたい、マグセントを点滴するとだるさなどで元気がなくなるみたいなんですが、私は舌の荒れ、痛み、味覚が変わるといったものでした。

食事量がガクッと減り、入院前よりも体重が減っていました。

赤ちゃんに栄養をと思い、頑張ってはいたのですが、食べれるものが少なく、白ご飯だけが救いの食べ物でした。

心配したダンナが、ふりかけやウィダインゼリーを買ってきてくれてました。

ちょうど、月見バーガーが販売されていた時期で、私の好きなものだからとよく買ってくれてました(笑)

また、今度はお腹が大きくなることによる胃の圧迫で1度にたくさん食べれず…ダブルパンチでした。゚(゚´ω`゚)゚。

こんな状態でしたが、赤ちゃんはきちんと成長をしてくれていました。

こんな感じで、お腹の張りがあれば点滴の滴下量をアップしては落ち着きをずっと繰り返し、もう産まれるかも⁉︎やばいかも⁉︎とずっと言われて過ごしていました。

でも、私自身は周りよりも冷静で、なんとかもってくれるんやないかな?ってずっと思っていました。

毎週、診察されなくても子宮頸管長も短縮してる感じがしていました。

お腹の張りもどういうのが良くないのかを聞いていたので、やばいかな?変かな?って思ったらすぐに相談していたので、良かったのかもしれません。

また、あまり苦に思ってなかったのも良かったのかもしれませんね。

口癖が「なんとかなる」でしたから(笑)

先生が助けてくれると言ってくれてたので、信じて頑張っていました。

出産した今では、もう同じ経験はしたくはありませんがね(笑)

あ!舌の状態ですが、点滴がなくなったら2、3日で良くなりました。あの荒れはなんだったのかってぐらいにキレイになってます。

ご飯も美味しくて、美味しく食べれることはとても幸せなことなんだと思いました

╰(*´︶`*)╯♡

次は赤ちゃんが産まれるまでの赤ちゃんの状態を書きたいと思います。

やっと産まれた!

入院期間、約2ヶ月半。

色々なことがありました。

何回、もう産まれるかもしれないっていわれたことか( ̄◇ ̄;)

10月24日に男の子を帝王切開で出産しました(*^_^*)

只今、赤ちゃんはNICUに入院しています。

私は退院し、3時間毎に搾乳して、2日に1回のペースで母乳を届けています。

入院中、ブログを書きたかったのですが、Wi-Fiじゃないためデータ量がかかるため更新できませんでした。

まだ退院したばかりでヘロヘロなため、時間がある時に2ヶ月半のことをぼっつら書きたいなと思います。

切迫早産→即入院

やっぱり、2週間持ちませんでしたf^_^;)

前回の診察後、11日、16日とおりものにひとすじの鮮血があったのですが、様子をみていました。

昨日の18日、昼ごはんを食べて買い物に行こうと外出の準備をしてたのでした。

トイレに行くと、おりものに鮮血が混じってました。

う〜〜ん、少し増えてる…だんだんお腹と腰に違和感を感じてきた…

病院に電話する、しない…

ダンナが休みだから連れて行ってもらう方がいいよね…

よし、電話しよう!

ってな感じで、早速電話で状態説明。

すぐに来て下さいと言われて、病院へ入院セットを持って行きました。

ちょうどお昼でご飯は食べてなく、ウテメリンも服用できていませんでした。だからお腹が痛いと思っていたのです。

そのため、服用していいかを尋ねたんですが、診察が早まりすぐに診てもらうことになりました。

胎児さんは元気で、プルプルしてました。推定体重は830g。また、点線上に戻ってしまいましたf^_^;)

で、先生にお腹がギシギシした感じがあると伝え、内診してもらうと、なんと3㎝以上あった子宮頸管長が2㎝以下になっており、即入院決定( ̄◇ ̄;)

まぁ、半分は入院かねってダンナと話していたので、入院にはビックリしなかったのですが、問題はそこ⁉︎って感じでした。

病棟にあがり、直ぐにモニター装着。ウテメリンの点滴も直ぐに開始されました。

40分のモニター中、2回ぐらいお腹が張った感じがしたのですが、そんなに少なくなくて、頻回に張っていたのでした。

またまたビックリ( ̄◇ ̄;)

どうも、子宮が限界になってきているようです。

ということで、24時間ウテメリン点滴、病棟内安静で入院生活に突入です。

できるだけ、胎内にとどめるように頑張るしかないです。

にしても、胎児さんは呑気に私の膀胱をゲシゲシと蹴っていますf^_^;)

逆子のまま、戻れなくなっているみたいです。

意外なひと言

先生から「今度の診察は2週間後でいいよ」

∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)∑(゚Д゚)

え〜〜〜〜〜〜∑(゚Д゚)

私「2週間後でいいんです⁉︎」

先生「いいよ〜心配なら1週間後でもいいけどね。だいぶん大きくなってくれてるしね。」

私「2週間後でお願いします*\(^o^)/*」

そうなんです!びっくりです!

胎児さんは推定体重745g。前回から5日しか経ってないのに、急成長。

成長曲線の底辺の点線の上を右肩上がりで頑張ってたのですが、点線ではなく実線内に入ってくれました(*^_^*)

小さいのは変わりはないのですが、底辺ではないことから2週間後になったようです。

入院もこの成長で行くならまだしなくていいとのことでした。

しかし、胎児さんの心臓の精密検査で問題があった場合は入院になるみたいです。

今月末が精密検査なので、検査待ちです。

あと、横隔膜ヘルニアや肺の問題について質問した所、エコーで見える範囲では横隔膜ヘルニアはなさそうです。しかし、見えない右側にある場合もあるから今は大丈夫としか言えないみたいでした。また、肺はもう少し週数をいかないと腫瘍などの有無ははっきり見えないみたいです。

診察が2週間後。何もないことを願うばかりです。5月に1回だけ2週間後に診察となったことがあるんですが、2週間経たずに大出血して入院になってしまったのでした…>_<…

胎動激しくて、元気良すぎて先生に笑われるぐらいだから、大丈夫だとは思うんですがね。

今回はすごい格好をしていました。片足はピンって伸ばしていて、もう片足は胡座をかいた感じでして、ピンって伸ばしている足で私の膀胱をゲシゲシと蹴っていましたf^_^;)

3日間ぐらい膀胱を蹴られてて、膣の奥が気持ち悪く、胎児さんの足が挟まってやしないかとヒヤヒヤしていました。でも、内診の結果は問題なし。

まぁ、挟まってたら大変ですよねf^_^;)

しかし、そんな感じがするぐらい気持ち悪くて、トイレの度に股を覗いてしまう状態でした(笑)

木曜日に診察に行くと、胎児さんの頭は下になっていますが、火曜日に診察に行くとだいたい足が下で逆子になってます。

ということは、よく動いているということで、とても良いことだよ〜〜って先生にも言われました(*^_^*)

胎動の位置も少しずつ変わっているため、元気な証拠です。

胎児さんがしんどかったりすると胎動は減るそうです。

なので、胎動が減ったりお腹が痛かったりなどしたら早めに連絡するようにと言われました。

この調子で頑張って〜〜良い子だぁ〜〜とお腹にむかって絶賛中です(笑)